お歳暮を贈る意味と注意しておきたい金額

subpage-img

秋が深まり冬が近づいてくると、準備を始めなければいけないのは、お世話になった人に贈るお歳暮です。
元々は新年のお供え物を前年の暮れに届けるという風習でしたが、江戸時代の頃から現在のお世話になった人に感謝の意を表わす贈り物をするといった風習に変化し、21世紀の現在でも日本の伝統行事の一つとして受け継がれています。近年はお歳暮を贈らない人も増えていますが、一年の感謝を表わすために、お世話になった人には贈ると良いでしょう。

待望のお歳暮の有益な情報をお届けします。

一般的にお歳暮を贈る相手として多いのは、会社の上司や取引先など仕事関係です。
日本のビジネスでは伝統や風習を大切にする習慣があるので、送っておくと円滑な関係を築くことができるでしょう。
また、最近では親戚や友人など親しい間柄でもお歳暮を贈る習慣ができつつあり、実際に行動する人は多いです。

基本的に一度送ると、翌年以降も継続して送るのが一般的なので、初めての相手には良く考えてから贈るのがベストです。



お歳暮の相場は送る相手によって差はありますが、3、000円から5、000円ぐらいが相場と言われています。



会社の上司や親などには5、000円ほど、友人や取引先などには3、000円程度の品物を送るのが相場とされ、あまり高額な品物を選ぶと相手に気を使わせたり、翌年以降も同程度の品物を選ぶ必要がでてきます。
心から感謝していると高額な品物を選びたくなりますが、継続的に送ることも考えると無理のない範囲にしておきましょう。


top